パルスオキシメーターの種類と正しい選び方を知ろう!

パルスオキシメーターの種類と正しい選び方 生活お役立ち

以前は医療機器として病院などの医療施設で使用されていた「パルスオキシメーター」。

今やパルスオキシメーター機能付きのスマートウォッチも登場するなど、普段から自分の健康を気遣う方から、スポーツ、登山などでも、体の状態を知る方法として、パルスオキシメーターが一般的に使用されるようになってきました。

とはいえ、いざ購入しようと思っても、

  • パルスオキシメーターの選び方がわからない
  • そもそもパルスオキシメーターって何?

という人多いのではないでしょうか。

パルスメーターの種類と正しい選び方について参考になれば幸いです。

パルスオキシメーターとは

パルスオキシメーターの種類と正しい選び方

パルスオキシメーターとは、検知器を指先耳たぶなどに付けて、脈拍数血中の酸素濃度を測る機器のことです。

通常は医療機器として病院などの医療施設で使用がされているようですが、最近では一般の人でも購入が可能になり、最近ではパルスオキシメーター機能付きのスマートウォッチも2000円台から購入ができるようになりました。

とはいえ、一般の何もわからない人が使うと意味がないどころか危険です。

健康面で心配な点がある人やスポーツ・アウトドアの健康管理に役立てたいという人はお医者さんに相談した上で使用するようにしましょう。

パルスオキシメーターの種類と正しい選び方

パルスメーターを単体でほしいという人もいると思います。

パルスオキシメーターは多くの種類がありますので、医師相談の下、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

パルスオキシメーターを正しく選ぶポイントはJISやISO規格が基本

パルスオキシメーターは健康にとって体内の脈拍数や酸素濃度を測定するものなので、やはりその精度は選ぶ際の重要ポイントですね。

デザインや機能を見る前に、まずは信頼性を確認しましょう

一般の人でも信頼して使えるものを選ぶポイントは、JISISOの規格を満たしているかは第一の選ぶポイントです。

選ぶ際は、はじめにまずJISかISO規格であることを確認した上で、デザインや利便性を見ていきましょう。

日本製のパルスオキシメーターを選ぼう!海外製品には要注意

最近では市販でも購入できるパルスオキシメーターですが、JISやISOも重要ですが、最近では海外の比較的安いパルスオキシメーターも増えてきました。

 

ディスプレイの見やすさや利便性も重要!

やっぱりどこにでも持ち運べると便利だし、日常生活の中で使うものですから、ちゃんとした機能もあって、且つ見やすいものが良いですよね。

でも機能だけが良くても、

「数字が小さくて見えにくい」

「夜薄暗い場所では、見えずらい」

ってなったら嫌ですよね?

なので選ぶポイントとして、

  • ディスプレーにちゃんとLEDバックライト機能がついているか。
  • 文字は大きくはっきり表示されているか

を購入前にしっかり確認しておきましょう。

「表示が多いと見方がわかりにくい」という人は、

不要な表示が無いシンプルなデザインのパルスオキシメーターを選ぶと良いでしょう。

持ち運び便利な小さなサイズも要チェック

健康のためとは言え、人によっては毎日外へ持ち運ぶという人も少なくないパルスオキシメーター。

できるだけ小さなサイズを選びたいという人も多いと思います。ネット販売などで購入される方は写真だけじゃなくサイズもしっかり確認しておきましょう。

ただ、注意する点としては、サイズが小さくても、表示される数字や文字まで小さいと却ってディスプレイが見づらくて不便という人もいるかもしれません。

パルスオキシメーター全体のサイズと併せて、ディスプレイや表示される文字の大きさも注意が必要です。

 

日本製で安心のパルスオキシメーター はこちら

コメント