韓国も輸出優遇国リストから日本を除外なぜ

韓国問題

9月18日入ってきたニュースによると

韓国政府は輸出優遇国リストから日本を除外したそうです。

韓国政府は18日、輸出手続きを簡略化できる優遇国のリストから日本を正式に外した。政府が8月中旬~9月初旬に、日本を除外するための制度変更について国民に意見を尋ねたところ、全体の91%が賛成だったという。

韓国の産業通商資源省の関係者は、変更の理由について「国際的な輸出管理体制の基本原則に反して制度を運用する国とは協調が難しい」と説明しており、日本の対韓輸出規制への報復措置とみられる。

具体的には、これまで優遇国と非優遇国の2分類だった制度を3分類に変更。日本は唯一、新設の分類に指定された。今後、対日輸出は原則、一度の許可で一定期間の輸出が認められる「包括許可」の対象から外れ、個別許可が必要となった。対象となる企業は100社未満という。(ソウル=神谷毅)

朝日デジタル

一部ニュースでは「報復措置ではない」とのコメントもありますが、

やはりこれは8月の日本の韓国ホワイト国除外を受けての

対抗措置或いは報復措置と捉えるのが普通ですよね。。。

そして、その方法も明らかに日本の輸出規制グループ分けに似ています。

具体的にはどう変わるのか、ちょっとわかりにくいのでもう少し調べてみました

韓国の日本への輸出規制強化をわかりやすく解説

7月までの日本同様、韓国政府もこれまで輸出先を2つに分類していたそうです。

わかりやすく言うと、「ホワイト国」と「非ホワイト国」ですね。

これまで日本など「カ」と呼ばれる地域(ホワイト国)向けは輸出の包括許可を認め、

「ナ」と呼ばれる地域(非ホワイト国)は例外的にしか認めなかった。

今回は新たに「カの2」地域を新設して日本だけを組み込んだ。

包括許可を例外的に認める場合でも3年から2年に有効期間を短縮。

申請書類も1種類から3種類に増やした。

 ツイッターの反応

たしかに、言い方の問題かもしれませんが、「対抗措置ではない」

だけど「報復」ですよね。。

わたしも輸出や輸入について何の知識もないのですが

たしかに、日本が韓国から輸入しているものって

想像すら難しいですよね。。

詳しくはまたこれから調べて掲載していきますね  ^^

コメント