チョグク氏嫁(情景芯Jeong Kyung-sim) 画像も出回る

ニュース

今韓国では

文在寅(ムンジェイン)大統領の側近である

チョグク(조국/曺国/Cho Kuk)氏(54歳)の後を絶たないスキャンダルが

大問題になっているようです。

最近では

娘のョミンヒさんも

不正入学や奨学金の不正受給の疑惑があるとして

話題を集めています。

そんな中 韓国では9月6日

チョ・グク氏に対する国会の人事聴聞会が行われました。

【ソウル=中村彰宏】娘の不正入学などの疑惑が出ている韓国の法相候補、チョ国(チョグク)氏に対する国会の聴聞会が六日、開かれた。チョ氏は、新たに浮上した娘の表彰状の偽造疑惑について、表彰を受けたのは事実として「偽造されたなら法的責任を取る」と述べ、疑惑を否定した。

 偽造疑惑は、チョ氏の娘が大学院進学の際、奉仕活動で韓国の東洋大総長から表彰を受けたと記載した履歴書を提出したが、表彰の事実はなく表彰状が偽造だと指摘されている。

 娘については、二週間のインターン勤務で医科大研究所の研究論文に第一著者と記載され、その恩恵で名門大に入学できたとの疑惑もあるが、チョ氏は著者の記載について「教授に請託したことはない」と改めて関与を否定した。

東京新聞

と、新たに浮上している娘の大学に関しての疑惑に対し全面的に否定しているようですね。

これだけ国民に疑惑や不信を持たれているチョ氏ですが

聴聞会の冒頭で

「法務・検察の改革を完結することが、私の責務だ」

と、法相を退くどころか意欲を示すものでした。

これだけ国民の非難や疑いがもたれているチョグク氏ですが、

娘の大学不正入学や奨学金の不正受給で娘のチョミンヒさんが

ネット上で話題になっていますね。

今更に、

そのチョミンヒさんが

2014年に釜山大医学専門大学院に合格したのも、チョグク氏の妻である

情景芯(チョン・ギョンシム)が虚偽の履歴書を作成したのことがわかっています。

そして、その大学で教授をしているチョグ氏の嫁(チョン・ギョンシム)が

口裏工作を要求したのではないかという疑惑も生まれています。

これが本当なら経歴や肩書の全てが虚偽だと疑われても

仕方がありませんね ^^;

チョグク氏の妻(チョン・ギョンシム)の顔写真は

すでにネット上で広がっていたので↓に載せてみました。

チョグク氏嫁(妻)Jeong Kyung-simの画像

上の写真と下の写真ではちょっと見た目が異なっているようですが、

チョグク氏の現在の風貌からすると、

下の写真が割と最近の写真ではないかと思います。

チョグク氏妻情景芯(チョン・ギョンシム)のプロフィール

情景芯(チョン・ギョンシム)在宅起訴【追記:9月19日

情景芯氏が偽装したと言われる

チョミンヒさんのデタラメの自己紹介書ですが

この自己紹介書には

情景芯氏が教授を務める東洋大学の総長から

表彰状を授与された旨の記載があることが分かっています。

しかし、検察側の判断によると

総長は表彰状を渡しておらず、情景芯氏が偽造記載していたことが

わかっており、

総長自身も

「表彰状を渡した事実は無い」

としています。

検察の判断では、偽造されたのは12年9月7日。私文書偽造罪は時効が7年なので、期限が切れる直前の9月6日22時40分、

事情聴取もないまま情景芯氏を在宅起訴したのです

チョグク氏のみならず、

家族が関係する様々な場面で

このような虚偽の申告がまかり通っていたと思うと、

国の行政を委ねている国民にとっても堪えがたいものがありますね。。

コメント