チョグク氏の娘チョミンヒ不正入学・奨学金不正受給問題の大学はどこ

ニュース

先日、韓国が8月22日にこれまで日本と協力を続けてきたGSOMIAを破棄したというニュースが入ってきました。

輸出規制に関し「韓国のホワイト国除外問題」から始まったこの問題は

両国間の旅行や就職に影響を与えるほど

大きな問題となりまだまだ泥沼化に向かっています。

実は

当然、韓国でもこの問題が一番大きく取り上げられているのかなと思いきや、

玉ねぎ男としても知られる文在寅(ムンジェイン)大統領の側近・チョグク(曺国/Cho Kuk、54歳)氏の

スキャンダルの数々が問題になっているようです。

韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が9日に法相候補として発表した文氏側近の曹国(チョグク)氏の娘に大学への不正入学や奨学金不正受給の疑いがあるとして、ソウル中央地検は27日、娘の母校の高麗大など関係先の強制捜査に乗り出した。聯合ニュースなどが伝えた。

野党や保守メディアが連日批判、文氏の不支持率が高まっており、国政運営にも影響が出かねない状況だ。韓国では、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定はこの疑惑から関心をそらす狙いがあったのではないかとの見方も出ている。

曹氏は27日「検察捜査により早期に事実関係が解明されることを願う」とのコメントを出した。9月2、3日には曹氏の法相起用に関する国会の人事聴聞会が開かれる予定で、野党側から厳しい追及が予想されそうだ。

26日発表の世論調査会社「リアルメーター」の調査結果では、文氏の不支持率が50・4%となり、支持率46・2%を上回った。曹氏の娘の疑惑が影響しているとの見方が大勢だ。(共同)

eスポーツ より引用

 とてもビックリなこのニュースですが

韓国では、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定はこの疑惑から関心をそらす狙いがあったのではないかとの見方も出ている。

という見方もあるようです。

チョミンヒさん不正入学疑惑の大学はどこ?論文に関する不正疑惑も

 チョグク氏の娘チョミンヒさんが通っていた大学は

韓国屈指の名門大学である

高麗大学です。

 じつは高麗大学とは、韓国でも3本の指に入るほどの

総合大学と言われているようです。

韓国は日本以上に学歴が重要視されるといわれ、

大学受験競争もかなり激しいものなので

高麗大学出身の人は 大企業への就職は間違いないと言われている程だそうです。

チョミンヒさんは、さぞかし優秀な人だと誰もが思っていた中、

不正入学が発覚し、

「裏切られた」

とショックを受ける若者も多いようです。

また、韓国一部メディアの情報法によると

チョミンヒさんが高校生だった当時、高度な医学関連の論文に第一著者として記載

されたことに対しても不正の疑いがかけられているようです。

奨学金はどれぐらい不正受給していたのか

高麗大学に不正入学し、奨学金まで不正受給していたチョミンヒさんですが

通常奨学金は「成績優秀者」に対して

受給資格が与えられるもの。。

チョミンヒさんはというと、

成績落そんなに良くなかったと言われています。

なのに6度も奨学金を受け取っていることがわかっています。

その総額は1200万ウォン

一度でもあってはいけないことなのですが、

6度も受け取っています。

そういえば

かつては、朴槿惠(パク・クネ)前大統領の友人・崔順実(チェ・スンシル)被告の子どもの不

正入学が韓国国民の世論に火をつけ、

大統領を弾劾にまで追い込んだことがありましたね。

当時、朴政権を追及した文大統領側ですが、

今まさにに、文大統領政権が同様の事態に陥いろうとしています。

チョグク氏の娘チョ・ミンヒさんとは 

ではチョグク氏の娘チョ・ミンヒさんとは

一体どのような人なのでしょうか。

実はチョミンヒさんは、とても美人で

ネットでもその人気が広がっていました。

一部流出していた写真がこちら

 

コメント