英検2級のレベル・難易度・合格率ってどれぐらい?

英検

ある程度英語を勉強し、知識や会話力上身についてくると

多くの人が目標として挙げるのが「英検2級」と言われています。

一般的には

・日常会話のゴール
・ビジネス英語への入り口
・留学や就職のための条件
・履歴書に書ける(書いても恥ずかしくない)

と位置付けられることが多く

高校や大学、専門学校などでも、

授業の成績や単位取得の条件、また求人情報などでも採用条件として「英検2級」

と記載されている場合が少なくありません。

では、『英検2級』とは

具体的に一体どれほどのレベルなのでしょうか。

英検2級のレベルや受験の目安

英語検定協会では

『各級の推奨の目安』で英検2級の英語力の目安を以下の様に位置づけられているようです。

推奨目安:
高校卒業程度

出題目安:
医療やテクノロジーなど社会性のある英文読解も出題されます。
海外留学、国内での入試優遇・単位認定など、コミュニケーション力が高く評価されます。
ビジネスシーンでも採用試験の履歴書などで英語力をアピールできます。
ライティングが加わります。

推奨目安から

「高校で習った英語の読み書きや会話ができる」

というのが一つの目標のレベルになっているようです。

また、

医療やテクノロジーなど

社会性のある英文読解問題も出題され、

海外留学や国内の入試優遇や単位認定の条件として推奨されています。

英検2級取得後の英語レベル!学校や企業はどう見る?

「英検2級」

を所持していると

一体どれほど採用や留学にどれほど影響があるのでしょうか。

もちろん、その学校や企業などによって見方は様々ですが

「日常会話やある程度の読み書きはできる」

と見られるのが一般的のようです。

更に具体的に言うと

「留学開始後も、学校のカリキュラムについていける。」「海外へ渡航後現地のネイティブとコミュニケーションをとることができ、生活することが可能」

「入社後、専門的な言葉はわからなくても、ある程度英語を使った業務に取り組むことができる」

という評価や印象を与えるようです。

英語の通訳や専門性の高い分野でなければ、

履歴書の資格欄に「英語検定2級」と書けるレベルと言えると思います。

英検2級の難易度

では、英検2級の試験の難易度はいかほどなのでしょうか。

詳しく見てみましょう。

単語数

特に公式な発表は見つからなかったので

大まかな目安になってしまいますが

英検2級に必要な単語数は3500~5100

と言われているようです。

因みに英検各級の必要単語数は大よその目安もネット上にありましたので

下に掲載しておきますね ^^

英検各級必要単語数

レベル単語数
5級中学初級程度300-600
4級中学中級程度600-1300
3級中学卒業程度1250-2100
準2級高校中級程度2600-3600
2級高校卒業程度3800-5100
準1級大学中級程度7500-9000
1級大学上級程度10000-15000

単語の難易度

2級で必要な単語が3500~5100語とは言っても

実際どれほどのレベルの単語が出題されるのでしょうか。

下に試験に頻出する名詞を10集めてみました。

やはり、「上級者の入り口」

と言われるだけあって

社会問題に出そうな、難しい言葉も出始めるのが2級です。

いくつわかるか見てみましょう。

8つ以上わかれば、結構合格に近いかも ^^

approval
capacity
concern
delight
development
fascination
fury
hardship
proof
proverb

 合格率は

現在英語検定協会のHPでは

英検の合格率は掲載されなくなりました。

2015年以前掲載されていた合格者数や合格率等は掲載されなくなってしまいました。

しかし以前のデータによる大よそのデータによると、

英検2級の平均合格率は25%前後と言われています。

しかし、あくまでもこれは以前のデータを

コメント