武本康弘監督の安否情報

ニュース

京都アニメーションの放火事件で33人の死亡が既に確認されていますが

未だに行方不明となっている方もまだいるそうで、

やりきれない胸中の中

ご家族の方の様子やコメントなどが度々入ってきます。

日本アニメの未来を担う希望に満ち溢れている若者や

数々のアニメを手掛けてきたアニメーション監督なども多く、

世界各国から心配や追憶の声、寄付などが集まっているようです。

被害者の方々、そしてご家族の辛い胸中や憎しみは図り知れません。

武本康弘監督も当放火事件の被害者の一人見られ、

その安否の心配の声が後を絶ちません。

安否に関するツイッターの情報

日本を代表するアニメ監督

日本全国から多くの心配の声や安否に関する情報が飛び交っています。

日本だけではなく、世界中のアニメファンから

愛されている監督さんだということがわかります。

本当に何とか無事であってほしいとお思います。

武本康弘(たけもと やすひろ)監督のプロフィール

名前:武本 康弘(たけもと やすひろ)

英語名:Yasuhiro Takemoto

生年月日: 1972年4月5日 (年齢 47歳)
出身: 兵庫県
実績/職業:アニメーター、アニメ演出家、アニメ監督。京都アニメーション取締役
出身校:代々木アニメーション学院大阪校卒業。

武本康弘(たけもと やすひろ)監督の代表作品

参加作品:
テレビアニメ
クレヨンしんちゃん (1992年 – )動画

天地無用! (1995年)原画
赤ちゃんと僕 (1996年 – 1997年)原画
ドラえもん (1997年)原画
はいぱーぽりす (1997年)作画監督・原画
パワーストーン (1999年)作画監督・作画監督補佐・原画
天使になるもんっ! (1999年)原画
ポケットモンスター(2000年)原画

など
出典:ウィキペディア(Wikipedia)

お父様のコメント

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の第1スタジオで起きた放火事件で、京アニ取締役の武本康弘さん(47)も安否が気遣われている。テンポの良い演出やアクションシーンの描写に定評があり、同社を代表する監督の一人。兵庫県赤穂市内の自宅で産経新聞の取材に応じた父親は、「優しい子でした。ただ信じられない。それだけです」と苦しい胸の内を語り、疲れ切った様子をみせた。
IT MEDIA NEWS

 武本康弘(たけもと やすひろ)監督の安否(追記)

とても残念なお知らせに
なってしまったのですが
武本康弘監督が既にお亡くなりになっているという
情報がありましたので
追記として掲載いたします。
ご家族の皆様と関係者の皆様
そしてファンの方々に悲しみが広がっています。
日本のアニメ界を代表する武本監督
なので
とても残念でなりません。
改めて、おくやみ申し上げます

コメント

タイトルとURLをコピーしました