Facebook(フェイスブック) 仮想通貨Libra2020年開始へ

ニュース

6月18日Facebook(米フェイスブック)は、

スイス・ジュネーブにある非営利団体の仮想通貨(暗号通貨)である『Libra』を

採用したと発表しました。

Libraを使った金融サービスは2020年に開始する予定の様です。

Libraはどんな仮想通貨?購入方法は?

正式にLibraの購入方法は現時点ではまだ発表されていませんが、
Facebook,Messengerでメッセージを送るのと同じ感覚でLibraを貯めたりすることが可能になるとのことです。

「仮想通貨」と聞くと、始めるのにまだまだハードルが高いと思う人も多いかもしれませんが、PayPayやLINEペイ、エディー等の「電子マネー」や「お財布ケータイ」と同じように、電子マネーで貯金・支払いと聞くと、

「誰でも始めやすそう」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかも、サービスの主体がFacebookということもあり、アプリ一つ追加するだけで誰でも簡単に「購入」が可能になりそうな感じがします。

サービスに関してまだ、具体的な内容は公表されていませんが、これだけ世界規模で若者からお年寄りまで利用されているFacebookですから、広がりはこれまでの仮想通貨よりもケタ違いのスピードで広がりそう! ^^

 FacebookのLiblaと他の仮想通貨の違いを比較

まだ2019年6月18日に公表されたばかりのLibraですが、

流石はFacebook, これまでのSNSの代表格としての知名度と昨日があるので、私たちの生活にも大きく影響してきそうです。

たとえば、

  • ボタン一つで代金支払い
  • Suicaのように公共交通機関を利用
  • EDY、クレジットカードのように公共料金支払い
  • コンビニでバーコードスキャンで支払い

などなど

また、通常手間や手数料が高い海外送金も比較的簡単に安い手数料でできるようになるとのこと。

尚Libraは銀行口座を持たないユーザーにも金融サービスを提供していくとしており、

今後大きな話題になりそう!

個人情報流出大丈夫?ケータイアプリのリスク・デメリット

これは、当然のことかもしれませんが、

仮想通貨をアプリ等で管理されるようになると、第三者にユーザーアカウントを悪用されてしまう可能性もぐんと上がります。

また、スマートフォンの紛失やパスワード忘れなど、誰でもついついやってしまいそうなミスからのトラブルも増えそう。。

ゲーム感覚ながら、銀行口座の代わりとも言えるようなアプリ。

今後の対策や補償などにも注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました