中国の春節休みの延長はいつまで?仕事や授業再開いつから?

ニュース

今中国の武漢市を中心に広がっているコロナウイルスによる新型肺炎の問題で、中国政府はすでに1月30日までだった休日を2月2日まで延長すると発表していました。

さすがの中国政府も今回のコロナウイルス感染を封じ込めようと躍起になっているようです。

中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、中国国家衛生健康委員会は27日、湖北省でさらに24人が死亡し、全国の死者は計80人になったと発表した。感染者も全国で769人増えて計2744人に達し、ほかに5794人に感染の疑いがあるとした。

中国政府は27日、全国的な感染の拡大を受け、今月30日までだった春節(旧正月)の休日を2月2日まで延長すると発表した。各地の幼稚園や小中高校、大学の授業再開も延期される。

朝日新聞

2月3日現在では7万人も超える人が中国国内で感染しているという予想もあり、中国国内だけでなく、世界各国に心配の声が広がっています。

この状況を受け、上海や北京をはじめ中国の都市部では、春節(旧正月)の休みを2月の10日まで延長するという声も聞こえていますが、一体いつになったらコロナウイルスの感染は収束を迎えるのでしょうか。

中国春節の仕事や学校休みは2月10日まで延長?

上にも書きましたが、もともと中国政府が発表していた春節いわゆる旧正月の休みは2月の2日でした。

しかし、コロナウイルスによる新型肺炎が収束を見せず、上海や北京の企業を中心に春節の休みを2月10日まで延長するところが増えているようです。

2月3日現在では中国上海の日本人学校でも休みを遅らせているようですね。

このニュースで取り上げられた学校や一部のその他学校・企業などで臨時休校や休み延長になっているようです。

中国上海市の上海日本人学校は26日、春節(旧正月)の連休明けの授業再開時期について、当初の2月3日から同月17日に延期すると明らかにした。新型肺炎拡大に伴う市当局からの通知を受け、臨時休校とする。武漢市以外の在留邦人にも日常生活への影響が広がった。

毎日新聞

2月2日にはタイの病院でコロナウイルスを消失させた治療薬があるというニュースが入ってきています。

希望の光が見えた気はしますが、まだまだ感染拡大の現状には全く太刀打ちできるものではないようです。

春節連休無期延長のニュースも

別のニュースでは春節(旧正月)無期延長決定ということにもなっています。

確かに、隣国の者としては完全にコロナウイルスが収束するまで、すべてストップしてほしいと思ってしまいます。

じゃないと本当に感染の拡大はますます広がってしまいます。。

早くちゃんとした治療薬やワクチンなどが使用されるようになり、この状況が打開されることを切に願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました