天皇即位パレードの穴場や場所取りはどこがおすすめ?

ニュース

台風による被害の影響を受け

3週間延期となった天皇即位祝賀パレードですが

いよいよ

11月10日 午後3時半から執り行われます。

今後数十年とないであろう

令和天皇即位の祝賀パレード(祝賀御列の儀)が

まもなく執り行われようとしています。

一生に一度は天皇皇后両陛下を

直接拝見しお祝いしてみたいものですね。

お祝いの為に遠方からお越しの方も多いのではないでしょうか。

当日は人が多すぎて身動きが取れない状況が予想されていいますので

パレードの日程やコースなどは事前にしっかり確認しておきたいですね。

現在の上皇様の平成2年の即位祝賀パレード歳にはなんと11万人もの人が

集まったようです。

今回はそれ以上の数の人が集り大混雑することが予想されています。

せっかく足を運んでも、人ごみや建物などで

遠くて全く見えない

ということもあるかもしれません。

なので今回のパレードは

尚更早めの場所取りが重要になりそうですね。

ここでは場所取りのポイントや穴場スポットなどを下に紹介しているので

是非お役立て頂ければ幸いです。  ^^

パレード場所取りおすすめはどこ?

天皇即位パレードコース全体地図

パレードのコースは上の地図のように決定しています

全長4.6キロで、11月10日午後3時半より

30分かけて走行するルートとなっています。

皇居出発後、

皇居前広場から赤坂御所の正門まで、

沿道には一般ブースが設けられる予定で、

天皇皇后両陛下のパレードを祝福することが可能です。

その中でも定番の人気スポットや、穴場スポットなど

オススメの場所がありますので紹介します。

遠方から来られる方は

パレード周辺最寄り駅も参考にしてくださいね ^^

天皇即位パレードがよく見える場所2つ!メリットとデメリット

まずは、定番で人気の場所を2か所

2つの場所のうち、どちらをNO.1と言っても良いぐらいのポイントです。

マスコミのカメラなども多く見られると思われる

この2か所ご紹介します。

それは

  • 堀内通り(二重橋前-祝田橋)
  • 青山通り

です。

この2か所の共通としているメリット

道路の作りが一直線になっており、遠くまで見通しが良い

ということです。

また、歩道などの道幅も大きく、観覧ブースも広く作られることが予想されています

ので、大きなメリットの一つと言えると思います。

予想されるデメリットは以下の通りです。

  • 大混雑で後ろに並び、遠い場所でしか見学できない
  • 前方の場所を取るには、前日入りや夜明け前入りして場所取りをしないと
    見通しが良い場所の確保は難しい。
  • 混雑が最も大きいと予想される場所なので、パレード終了後の帰宅までの間、
    大混雑に巻き込まれている時間も一番長い可能性あり

「前日や早朝に来て、帰宅までの日程の融通が利く」

という人にはとてもオススメの場所です。

人気も混雑もNO.1というところですね!

内堀通り(二重橋前~祝田橋間)

私が一番おすすめのポイントは

天皇皇后を乗せたパレード車が皇居敷地内を出られ、最初の一般道である

内堀通りです。

下の地図上の黄色の部分にあたります。

↓テレビでも紹介されていました。^^

内堀通り(二重橋前-祝田橋間)

上の写真のように見通しの良い

600mの直線道路になっています。

沿道・歩道の部分が広い為

多くの方が集まる注目エリアです。

600メートルの直線で見通しが良いので

天皇皇后様を見逃すことは無いと思います。^^

 青山通り

つづいては「青山通り」です

青山通りはパレードの中盤から後半にあたり、永田町を通過後赤坂御所までの間に位置しています。

こちらも見通しの良い直線でその距離は何と約1.3キロあります。

見通しが良く道幅も広い為

こちらも多くの人が集まる大人気のポイントになります。

天皇皇后さまのパレード車を拝見できる可能性は

とても高いと思います ^^

天皇即位パレード穴場場所取りポイント2つ

上で、パレード観覧のオススメの場所を紹介してきました。

でも当日は十数万人の国民が集まることが予想されていて

どんなに早く来ても大混雑は免れません。

「近くのレストランやオフィス、ベランダから?」

といっても、厳重な警戒態勢の為、

ベランダから顔を覗かせることも

禁止されています。

沿道のレストランや店内から窓越しに見ては

距離が遠すぎて

「パレードをしている雰囲気」がわかるぐらいかもしれません。

そこで、やはり

「より近く」

「より長く」

ということで

天皇皇后の姿が良く見える穴場をリサーチしてみました。

穴場場所取りポイントは下の2つです。

ポイント1: 右側通行側が穴場
ポイント2: 曲がり角付近が穴場

右側通行側が穴場

上の写真は平成天皇の即位パレードの際の写真です。

この写真からもわかるように、天皇皇后様のパレードのコースは以前から

全て右側通行となっています。

これが伝統的なしきたりなのか、歴史的な理由からなのか正式には公表されていませんが、

今回の令和天皇即位パレードのリハーサルも右側通行で既に実施されています。

なので

パレード当日も、天皇両陛下までの距離を考えると

パレードの進行方向と同じ右側車線の沿道が断然近くで見えると考えられます。

下の写真は平成天皇即位祝賀パレード時の写真です。

左車線側沿道にいる人たちの目の前には警官隊、その後ろには中央分離帯の緑があり、

一般の人の胸の高さまであるように見えます。

これじゃあ、どんなに沿道で先頭の場所を確保しても見えずらいですよね。

場所によっては、当日右側車線側で立ち入りできない場所もあるかと思いますが、

基本的には右側通行側の沿道がオススメです。

パレードが右側通行なので

一般ブースが広く設けられているのは左側車線とその歩道ですが、

パレード車との間に障害物が少なく、パレードとの距離も近いのは右車線側の沿道と言えます。

 曲がり角付近が穴場

↑これも同じく1990年平成天皇の即位パレードで

パレード車が青山一丁目の右折に差し掛かる際の写真です。

他の曲がり角もそうなのですが、

沿道から御観覧する人は主に直線コース沿いに集まり、

曲がり角付近は警官も一般の人たちも密度が低いように見受けられます。

たしかに曲がり角は

見通しが良いとは言えないため

天皇陛下のパレード車が差し掛かるタイミングが分かりずらかったり

左車線側の場合はパレード車との距離も少々遠くなってしまいますが

車のスピードも曲がり角で多少遅くなることが予想されることや

周りの人の密度が低いことを考えると

「カメラやケータイでできるだけばっちり写真や動画を撮りたい」

という方には穴場と言えるポイントではないでしょうか。

 パレードの場所取りは前日からできる?気になる手荷物規制は?

「良い場所を確保したい」

とは言っても

そもそも

「場所取りはいつから可能?」

「早ければ早いほど良いの?」

と、とても気になりますよね。

早い人は前日夕方頃から場所取りに来るそうですよ。

でもここで、とても気になるニュースがありました。

それは、

当日、パレード車のコース周辺では

御観覧のためのブースを設けるようなんですが、

そのブースの前や、一部駅出入り口付近で、

祝福に訪れた人の手荷物検査場をおよそ40か所

設けるそうです。

なので

どんなに前日から並んでも

当日朝警察による手荷物検査が始まっていなければ

一般観覧ブースに入れないということになります。

当日は場所を抑えるというより

「手荷物検査の列に並ぶ」

ということになる可能性も高いです。

また、ちょっとした持ち物が原因で

特設ブースの中に入れない

という事態も発生しかねません。

次の章で

「持ち込みが出来ない物」も紹介してますので

一度目を通しておいた方が良いかもしれません。

更新 11月5日

※手荷物検査の実施場所及び検査開始時間が発表されました。

場所はコース付近駅周辺を含め40か所になります。

二重橋前など、パレードのスタート地点に近い場所は

検査が午前8時スタートのようですが

国会前以降は正午以降に検査を開始するとのことです。

手荷物検査場の詳しい設置場所と検査開始時間については

こちらの記事でをチェックしてみてくださいね。

沿道ブース手荷物検査!金属探知機ボディーチェック

せっかく絶好の場所を抑える為に

誰よりも早く足を運んでも

手荷物検査にひっかかって中に入れなかったり

トラブルを引き起こしては

本末転倒です。

結局眺めの良い沿道にのブースには入れず

ずっと人ごみの中に埋もれる

ということも。。。

自分で「安全上何の問題も無い」

と思っていても

検査で止められてしまうこともあるかもです。

もちろん、刃物やドローン、スプレーなどは持ち込めません。

でも中には、

「え、こんなのも持ち込みできないの?」という物も

あります。

油断していると、

・その場で破棄

・一般立ち入りブースへの入場断念

ということも十分に考えられます。

一例を挙げると、

  • ライター
  • 缶 
  • 瓶 
  • ハサミ
  • 自撮り棒

など、日常誰もが持っていそうな物も対象になっているようです。

金属探知機でのボディーチェックもあるなど

けっこう厳しく検査を受ける可能性が高いです。

当日持ち込みができないものを事前にしっかり確認しておきましょう。↓↓

 まとめ他パレード場所取り関連情報

以上、天皇即位祝賀パレードの人気スポットや穴場について紹介してきました。

その他パレードへお越しの際のお役立ち情報もありますので

↓の記事も確認してみてくださいね。^^

コメント